自動車を保有するときは必ず自賠責保険に加入しなければいけません。それ以外に入れるのが任意保険で、こちらは自分で自由に選んで入れます。自動車利用ではいろいろなトラブルに遭う可能性があるので、加入の検討をしないといけません。

入った方がいい自動車保険

任意の自動車保険は、自分で保険内容の選択ができます。必ず入っておくのがいい保険もあれば、必ずしも必要のない特約もあります。自分の中で何のための補償が必要なのかを考えて、主契約や特約を選ぶといいかもしれません。

対物損害賠償ってどんな補償なの?

対物損害賠償の主な内容

自動車による交通事故を引き起こしてしまったとき、車同士でありますと自明のことですが相手方の車に損害があると考えられます。自分サイドに非があるケースでは、相手方の自動車の修理費を請求されます。同じ様に、電柱もしくはガードレールというような公共物を壊した場合も賠償責任をもたらします。その上、店に自動車ごと突っ込むような交通事故の場合、店の修理代はもとより破損した商品であるとか、修理間の休業の損害補償が必須となってきます。 これらのものが少額で済むならば自分自身のヘソクリで乗り切れるかもしれませんが、対人賠償と同じく、高額のケースではとんでもないことになります。こういった他人の財物に損害を与えた場合に適用となるのが対物賠償保険になります。

具体的な中身と適用に関して

対物賠償保険については、被保険者自身が被保険車両の所有さらに利用そして、管理に端を発して、第三者の財物を滅失や破損、さらに汚損して、国の法律上の損害賠償責任を負ったケースにその額に合わせて適用されることになります。 保険金が払われないパターンとして被保険者の故意、或いは被保険者並びにその配偶者や被保険者の同居親族が所有そして、使用や管理している財物に対しまして損害を与えてしまった場合等があります。無免許運転もしくは飲酒運転のケースでは適用されます。 これに関しては、交通事故の被害者からすれば、加害者が飲酒並びに無免許運転だろうと被害者にはそれに対して落ち度はないといえ、よって保険支払いを受けることが出来ないのは酷という考え方です。

不要な時もある特約

自動車保険には主契約と特約ああり、特約をどんどんつけると保険料が上がります。中にはあまり必要でない特約もあるので、自分で判断をしてつけるかどうかの判断が必要です。不要な可能性もある特約に何があるか知っておきましょう。

車両保険ってつけた方がいいの?

車両保険はメリットの大きい保険なので、契約して全く損はないと言っても過言ではありません。車両保険は車同士の事故・自損事故・悪戯による破損などのケースにおいて保険金が支払われます。これらは全てのドラ…

搭乗者傷害保険と人身傷害保険の違いは?

自動車を購入して自動車に乗るとき、おそらくは主な目的があるでしょう。通勤用やレジャー用、地方の人なら普段の移動用などがあります。ただ自動車は非常に便利なので、普段とは異なる使い方をするときもありま…

代車を利用できる特約はあると便利?

自動車保険に入る目的は安心して車を運転するためで、故障した場合に代車を利用できるようにする方法もあります。付ける時はオプションとして別に料金がかかりますが、万が一の時に備えておくと役に立つこともあ…

自動車保険はネット一括見積もり

自動車保険に入りたい見直したい時に、ネット一括査定をおすすめします。沢山の保険会社を一度で比べられる非常に便利なサービスです